近畿管内の地方公共団体
住宅担当者が「京都西陣ろおじ」を視察

全国各地で「空き家」の問題がクローズアップされており、その対策が急務の課題となっています。

国土交通省近畿地方整備局が主催する
近畿住宅政策連絡協議会 空き家分科会の担当者が、2019年1月31日(木)、フラットエージェンシーが空き家となっていた京町家のの路地再生をプロデュースし、新しく生まれ変わった「京都西陣ろおじ」を視察されました。

当社では、地域の活性を目指し、京町家の保全・再生・運用等に対して、積極的に取り組んでいます。

※国土交通省、近畿地方整備局をはじめ、近畿管内2府5県(福井、滋賀、京都、大阪、兵庫、奈良、和歌山)と政令市等で住宅政策を担当している約50名の皆さんが参集。