京都ちーびず「地域の人たちのチャレンジ」

京都府では、地域の課題解決や活性化を目的として「京都ちーびず(地域力ビジネス)」を推進しており、現在、府内でのべ820を超えるちーびずが活動中です。こうしたちーびず活動を多くの方に知っていただき、製品・サービスの購入やちーびずのファンづくりにつなげる「普段使いの京都ちーびずカタログ」を継続的に発行。

その誌内にて『「新大宮広場」みんながつくる新たな居場所 新たなビジネスモデル実践中。』をテーマに、弊社を紹介いただきました。

[PDF:約5MB]

<テーマ>

ちーびず版 地域の人たちのチャレンジ

<掲載内容>

地域に住む人たちならではの目線や情報、人つながりによるチカラの継続を目指す9の取り組みを紹介
地域の観光スポットで、閉鎖されたレストランに代わって地元女子グループがお弁当や特産品を販売したり、平均年齢90歳以上の女子たちが地域を次世代につなぎたいと村おこしをしたり、子育て中のママたちが新鮮な食材を下ごしらえして宅配し、仕事に家事に育児に多忙なママたちを応援するなど、本カタログではまだまだ紹介しきれない独創的なちーびずが、府内各地で創出されています。
「普段使いのちーびずカタログ」第17弾は、「地域の人たちのチャレンジ」として、地域に住む人たちならではの目線や情報、人つながりによるチカラで継続を目指す、意欲的な取り組みを紹介します。

<発行者>

京都ちーびずくらぶ
府から委託を受けたちーびず推進員で組織され、府と協働してちーびずを推進する団体

<協力>

京都府商工労働観光部 地域力ビジネス課

京都ちーびずカタログvol.17