外国人専門の賃貸住宅紹介事務所開設のお知らせ

初めに
『日本を世界により開かれた国とし、アジア、世界とのヒト・モノ・カネ・情報の流れを拡大する「グローバル戦略」を展開する一環として、2020年を目途に留学生受け入れ30万人を目指す。』昨年、文部科学省他関係省庁より、『留学生30万人計画』の発表がありました。これは、諸外国との間の人的ネットワークの形成によって相互理解や友好関係を深化させ、ひいては留学生の受け入れや日本人学生の派遣を通じてキャンパスに国際的な環境を醸成し、それが大学などの教育研究や国際的評価を向上させるとともに、国際競争力を強化させようとする観点によります。
京都でも留学生にとって魅力的な留学生活の環境を整え、平成29年度までに留学生数を現在の5千人から1万人への倍増を目指し、京都市・大学コンソーシアムが中心になり、海外から見ても魅力のある「大学の街」「学生の街」を構築するための施策を推進しています。多くの留学生を受け入れるためには安心・安全は勿論のこと、経済的にも配慮した良質な住宅の確保が必要となってきます。そこで弊社では、35年の実績を生かして今後お部屋探される留学生の増加に対応するため、3人の外国人スタッフを採用しお部屋の紹介をサポート、また日本の文化をより理解してもらい日本での充実した生活を過ごしていただけるよう、 “暮らし方”“住まい方”“地域とのコミュニケーション”等の相談・アドバイス等を行う、京都で初めての『外国人専門の賃貸住宅紹介事務所』を下記の通りに開設することになりました。

kyodaimaeten001

開設日:平成21年5月11日(月)より業務開始

店舗の特徴

①外国人スタッフによる契約に関する相談。
②外国人スタッフによる生活習慣の違いによるトラブルに関する相談。
③中国語/英語によるインターネットメールや電話でのお部屋探しの相談。
④契約書、物件資料、入居後の生活に必要な情報資料を中国語/英語版として用意。
⑤保証人不要(緊急連絡先要)・家具付きのウィークリーマンション・マンスリーマンションの紹介。

展望

①入居中の生活ルールを説明することにより、生活習慣の違いからくるトラブルを減少。
②家主様に外国人に対する理解を深めて頂き、外国人の住むことのできる物件を増やすため入居後にもアフターフォローを行う。
③安価で良質な住宅を提供できるように留学生専用物件を家主に提案し開発していく。