不動産証券化の手法による「京町家の保全・再生」シンポジウム

「京町家証券化」シンポジウム
日時 : 平成18年6月18日(日)午後1:30~3:30(開場午後1:00)
場所 : 『ひとまち交流館京都』2階大会議室 http://www.hitomachi-kyoto.jp/
[定員]200名 [参加費]無料 当日直接お越し下さい。
【主催・お問い合せ先】 有限責任中間法人 京都不動産投資顧問業協会
京都市下京区東洞院通高辻上る高橋町619 TEL075(351)0631

-プログラム-

(1)開会挨拶 岡本 秀巳 有限責任中間法人 京都不動産投資顧問業協会 理事長(2)来賓挨拶 西島 篤行氏 財団法人 京都市景観・まちづくりセンター 専務理事(3)基調講演 「不動産証券化のしくみ」 講師:吉井 英雄氏 公認会計士「まちづくりの資産としての京町家」 講師:大谷 孝彦氏 NPO法人 京町家再生研究会 理事長

(4)京町家証券化報告 「京町家証券化の経過報告並びに概要説明」 岡本 秀巳氏 有限責任中間法人 京都不動産投資顧問業協会 理事長
株式会社 都ハウジング 代表取締役

「京町家 優先出資証券募集要項説明」 西村 孝平氏    原所有者(オリジネーター)
株式会社 八清 代表取締役

「専門家より解説」 田中 伸氏 弁護士 (田中伸 法律事務所)
佐藤 正彦氏 不動産鑑定士(株式会社都市不動産鑑定所)
松井 薫氏 一級建築士(京町家情報センター 事務局長)

(5)閉会挨拶 井上 誠二氏 京町家証券化特定目的会社 代表取締役
建都住宅販売 株式会社 代表取締役

【後援】財団法人 京都市景観・まちづくりセンター ・ NPO法人 京町家再生研究会

0001京町家の存在は、京都の景観の保全・再生と伝統文化の継承・発信及び観光の振興を柱とする「歴史都市・京都の創生」の基盤の1つであります。
一方、不動産証券化は、個人金融資産を不動産市場に呼び込み、不動産の流動化をはかり、経済の活性化に資するものとして大きな期待が寄せられています。この不動産証券化の手法による「京町家の保全・再生」の企画、実施に向けた研究会を「京町家再生研究会」「京都市景観・まちづくりセンター」の諸団体並びに京都市に協力を頂きすすめて参りました。

0008この度、関係各位のご協力により、ようやく京町家の証券化のための「京町家証券化特定目的会社」を設立し、資産流動化計画を発表することとなりましたので、ご案内申し上げます。
京都における伝統的な家屋である「京町家」の保全・再生が可能かどうかの本計画の実施によって、京町家の維持を喚起すると共に、地域の活性化に繋がることを期待するところです。

京都新聞2006年6月14日

京都新聞2006年6月14日

前の記事

朝日新聞 2006/6/14