おかげさまで創業42周年。京都の賃貸・不動産仲介・不動産売買はフラットエージェンシーにお任せ下さい。

京都市地域の空き家相談員

akiyan014

空き家の所有者様のさまざまな質問・相談にお答えします。

空き家の所有者の皆様からのさまざまな相談に無料でお答えします。皆様からのお電話・ご来店をお待ちしております。

※『京都市地域の空き家相談員』とは?

空き家所有者や地域の方々が、空き家に関しての気軽に相談できる体制を整備するため、京都市が地域に身近な「まちの不動産屋さん」を『京都市地域の空き家相談員』として登録しました。

空き家の管理・活用

akiya002
akiyan001

空き家を放っておくとどうなるの?

建物は年月の経過とともに傷んでくるのじゃが、特に人が住まなくなった空き家は、傷みの進行が早いんじゃ。空き家のまま長期間放置すると、内部はかなり傷んでしまうぞ。しかし、外からはその危険性はあまりわからないものなのじゃ。外部に崩壊の兆候がある場合はかなり危険な状態だと思ってよいぞ。

akiyan002

空き家管理のススメ

空き家の放置は、所有者だけでなく、ご近所や地域の大きな問題に発展することもあるということをお分かりいただけたかな?
周りのみんなに迷惑をかけないためにも、空き家を財産として受け継いでいくためにも、定期的に管理することがとても大切なんじゃ。ここでは、そのポイントを見てみよう!

簡単にできる点検とお手入れのチェックポイント

イラストにあるチェックポイントを、月1回程度、点検しましょう。
点検で気になることが見つかったら、早急に対応しましょう。雨樋や屋根の補修、高木の剪定などは、大工さんや工務店さんに依頼しましょう。

akiyan010

akiyan009
定期的に空き家を管理することが難しい人向けに、空き家の管理サービスを提供する会社も増えてきています。長期間確認に行けないような場合は、このようなサービスを利用するのも空き家を管理する方法の一つです。

空き家活用のススメ

空き家は、住まいとしてだけでなく、様々な形で活用できるまちづくりの資源です。
例えば、地域のコミュニティ施設、観光拠点やお店など、地域の憩いやにぎわいに役立つような活用方法もあります。自身のため、地域のために空き家活用に取り組みましょう。
ここでは空き家を活用する場合、所有者に知っておいてほしい情報を紹介します。

所有者自身で活用する場合

活用する際は、現在の間取りで良いのか、改修工事は必要かといったことを検討する必要があります。そのような相談は、建築士さんや工務店さんにするのがよいでしょう。
また、「空き家活用・流通支援専門家派遣制度」を利用し、建築士さんや不動産屋さんにアドバイスをもらうこともできます。

売却する場合

売却し、次の所有者に活用してもらうというのも活用方法のひとつです。売却するには、不動産屋さんに依頼するのが一般的です。
どの不動産屋さんに相談して良いかわからないという場合は、京都市が登録している「地域の空き家相談員」に相談してはいかがでしょうか。また、不動産鑑定士さんに鑑定評価をしてもらうという方法もあります。一般的に費用がかかりますが、お持ちの不動産の価値がどのくらいか知ることができます。

賃貸に出す場合

契約や管理の方法を検討しよう
以下の2通りあります。
akiyan013
どのような用途で貸すか検討しよう
賃貸に出す場合、主に住居として貸すか、事業用として貸すかの選択肢があります。
住居として貸す場合は、屋根等の構造部をはじめ、内装・設備等の改修工事費は所有者が負担するのが一般的です。
事業用の場合、屋根等の構造部分以外の改修については、入居者が費用を負担して行う場合が多いようです。

akiyan007

akiyan008

akiyan005

空き家を改修して、賃貸に出す予定です。改修費に対する補助金等はあるのでしょうか?
一戸建て・長屋建ての空き家を、活用・流通する場合に必要な改修費や家財の撤去費の一部を補助する「空き家活用・流通支援等補助金」があります。また、住宅として活用する場合に限り、耐震改修や省エネリフォームにかかる費用を補助する制度があります。
賃貸に出したら返ってこないと聞いたのですが?
賃貸借契約には、普通借家契約と定期借家契約の2つのパターンがあります。
「普通借家契約」は、入居者が引き続き住むことを希望している場合、貸主に正当な理由がない限り契約を終了することができません。
一方、「定期借家契約」は、あらかじめ定めた契約期間が満了すると、賃貸借が終了します。そのため、返してもらえないということは起こりません。

空き家の便利帳

akiyan006
空き家をめぐる問題や課題、活用方法や事例、相続等に関する情報、住まいの管理方法など、様々な情報をわかりやすくまとめた『空き家の便利帳』を京都市が作成いたしました。
空き家をお持ちの方だけでなく、全ての人に役立つような情報を盛り込んでいますので、是非、御覧ください。

本店外観
flatlogov3

本店営業部
(火曜・第2水曜定休)
2月~3月は無休で営業
TEL.0120-75-0669
京都市北区紫野西御所田町9-1

北大路駅前店
(水曜・第2火曜定休)
2月~3月は無休で営業
TEL.0120-44-0669

京都産業大学前店
(火曜・第2月曜定休)
2月~3月は無休で営業
TEL.0120-29-0669

下鴨店
(水曜・第1火曜定休)
1月~3月は無休で営業
TEL.0120-80-0669

京都大学前店
(火曜・第2月曜定休)
2月~3月は無休で営業
TEL.0120-36-0669

同志社大学前店
(水曜・第2火曜定休)
2月~3月は無休で営業
TEL.0120-13-0669

京都駅前店 法人課
(水曜・第2火曜定休)
TEL.075-371-0669

テナント事業部
(日曜・第2土曜定休)
1月~3月は日曜のみ定休
TEL.075-464-0669

マンスリー店
(日曜・祝日定休)
TEL.0120-85-0669

不動産部
(水曜・第2火曜定休)
TEL.075-451-1500

全店営業時間 10:00~18:00

ss
  • facebook
  • twitter
PAGETOP
京都 賃貸フラットエージェンシー
Copyright © flatagency All Rights Reserved.
賃貸不動産マンスリー建築テナント月極駐車場TAMARIBA
京都府知事(8)第7189号 / 京都府知事(特-28)第25921号 / 国土交通大臣(1)第128号 / 電気通信事業 届出番号E17-2604
フラットエージェンシー フラットエージェンシー
×