おかげさまで創業42周年。京都の賃貸・不動産仲介・不動産売買はフラットエージェンシーにお任せ下さい。

京町家を強くする方法

tm002

京町家の防火改修の方法

市街地における火災の危険を防ぐために指定された準防火地域でも伝統的な木造の軒先が可能になりました。木製化粧垂木でも
●面戸板を厚さ45ミリ以上
●野地板を厚さ30ミリ以上
●土塗壁の厚さ40ミリ以上 にすることで、伝統的な木造の外観が作れます。
tm002-01

京町家の補強方法

町家の補強をするには、まず腐食部分の修復をしなければなりません。柱の根元は根継ぎをします。また、部材1本全部を取り替えることもできます。
土壁は伝統工法の家にとって重要な耐震要素です。
土壁の少ない方向に土壁を増すのが最適な補強です。道路に平行な方向(桁行)には土壁が少なく部屋の境も襖や障子になっています。この部分の補強は、伝統工法に合うさまざまな工法が開発されており、使い方を理解した専門家に相談することをおすすめします。
tm002-02

京町家の補強の注意点

伝統工法と在来工法とでは地震時のゆれ方が違います。
工法に合った補強をしなければなりません。家のリフォームと一緒に工事をすると天井や床をはずすので、見えない部分の腐朽が見つかり適切な修復ができます。
伝統工法の場合、金物や合板を使った補強を安易に使うことは好ましくありません。
伝統工法にあった補強を選択しなければなりません。

PAGETOP
京都 賃貸フラットエージェンシー
Copyright © flatagency All Rights Reserved.
賃貸不動産マンスリー建築テナント月極駐車場TAMARIBA
京都府知事(8)第7189号 / 京都府知事(特-28)第25921号 / 国土交通大臣(1)第128号 / 電気通信事業 届出番号E17-2604